そんなに需要があるの? 偽医師の陰茎シリコン手術失敗で、勃起不全となった男性が自殺。

注射も嫌いな私は、体をいじられること自体が嫌悪感を覚えるので、話しを聞いているだけでも背筋が凍ります。

タイ当局は、Facebookでシリコン ビーズを陰茎にインプラントする手術の宣伝していた偽の医師を逮捕しました。

この医師に手術を受けた男性は、陰茎が感染し、最後に膿が出ていると訴えていました。
それだけにとどまらず、彼はその後、勃起することが叶わず、落ち込んで自殺してしまいました。

警察は、タイの首都バンコクのプラウェート地区の部屋で 41 歳のアピチャート容疑者を逮捕しました。
容疑者は、違法な手術のほか、薬物の調剤や医薬品の違法販売の罪で起訴されました。

アピチャートは医学の学士号しか持っておらず、医師免許も手術を行う許可も持っていなかったことを認めました。

クリニックで本物の医師の助手をつとめた後、彼はそこで商売の秘訣を学び、自分で事業を起こすことにしました。

彼はFacebookで顧客を募り、タイ語で「マーンルート」(ม่านรูด)と呼ばれる「モーテル」で手術を受けるクライアントに会っていました。

彼は男性に1回あたり15000 ~ 20,000 バーツ(施術法や埋め込む真珠の数によって異なる)で手術を請け負っていました。

容疑者は、逮捕されるまでの5年間、多くの手術を行っていました。

このような手術が、そんなに需要あることに驚きです。

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る