ニワトリの喧嘩が人間同士の喧嘩に発展。闘鶏場で発砲事件。1名が死亡。

ギャンブルを法律で禁止しているタイですが、「闘鶏」がアチコチで観ることができます。

11月27日、パトゥムターニー県の闘鶏場で、発砲事件が勃発し男性が逮捕されました。

被害者は県立病院に搬送されましたが、死亡が確認された。

目撃者によりますと、赤いシャツを着た観客の1人が、闘鶏場の反対側にいる別の男性と大声で口論していました。

他の人たちは、2人の男性に喧嘩をやめるよう促しました。
しかしその直後、赤いシャツを着た男が白いシャツを着た別の男に近づき、357口径の拳銃で発砲したとのことです。

直接の原因は何だったのでしょう。
場所が場所だけに、なんとなく想像できますけどね。
日本でも一部の地域で闘鶏の風習が残っているようですが、物珍しさであまり近寄らない方が身のためです。

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る