• 金. 12月 2nd, 2022

BNK48ゲーオのソロアルバム収録第3曲目『No One Can Be』がリリース!

Byサイト運営

11月 18, 2022

「Kaew Natrucha(ゲーオ・ナタルジャ―)」は、90年代のR&Bスタイルな現代音楽+ POPカルチャー2022の曲『No One Can Be』をリリースしました。
甘いラブソングで、すべてのオンラインストリーミングから幸せオーラを放出中。

BNK48ゲーオが、ゲーオ:ナタルジャ―・チュティワナソポンとしてソロデビューを果たし発表された初のアルバム『Dear You』。
その中に収録されている第3番目の曲がリリースされました。

曲名は『No One Can Be』。

「Kaew Natrucha(ゲーオ・ナタルジャ―)」は、インディペンデント・レコーズ(Independent Records)所属のアーティストです。
『No One Can Be』は、90年代の音楽とPOPカルチャー2022を組み合わせたR&B ミュージックのスタイルのユニークな曲です。
プロジェクトの作曲家兼制作チームである キティワット センプラティープ (マイ、No One Els) 氏は、次のように語っています。
この曲を作るにあたり、歌い手との会話を重要視しました。
音楽リリースするにあたり、歌い手とよくコミュニケーションをとり分析することを大切にしました。

その上で、ロマンチックなムードで聞き取りやすいように現代的な歌詞を書きました。
ボーカルキーは女性歌手に適しています。
この曲は、EPアルバムのエンディングソングです。
2人が満たす愛は甘くてキャッチーですが、歌手のキャラクター自体は、あまり甘くならないようデザインしました。
真の愛こそが必要だと思ったからです。
歌のメロディーは強く、甘く、柔らかくまろやかになっています。


「Kaew Natrucha(ゲーオ・ナタルジャ―)」は次のように語っています。

アルバム内のすべての曲のコンセプトは「聴き心地が良い」ことですが、「No One Can Be」は、アルバム内のどの曲よりも大きな視野を持ったラブソングに仕上がっています。

ロマンチストなリスナーがこの曲を聴くと、愛する人が人生のすべてだと感じることでしょう。
「温かい抱擁」
人生においてとても特別です。
「誰も代わりにはなれない」
ゲーオは、このアルバムのすべての曲で、伝えられる彼女自身のスタイルを表現しています。
音楽を通して、見識をさらに広げて欲しいと思っています。

「No One Can Be」アルバム3番目の曲は、タイ全土のすべての放送局または YouTubeなど、すべてのオンライン ストリーミングでリリースされています。

#IndependentRecords のハッシュタグを入れて、お友達にシェアのご協力をお願いします。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP