• 月. 12月 5th, 2022

タイ水産局、「プラトゥー」の養殖に成功。魚が卵持っていたら食べないで!

Byサイト運営

11月 4, 2022

タイ人が大好きなあの首に特徴のある魚のお話しです。

タイ水産局は、タイ人に好まれる食用魚で「プラトゥー」と呼ばれるサバの一種の人工繁殖に成功したと報告しています。
当局によりますと、ホルモン誘発性の産卵が行われ、稚魚の高い生存率が確認されました。

彼は、乱獲による枯渇を防ぐために、野生の種を保存し、自然界でその数を増やす方法を研究していると述べています。

「プラトゥー」を繁殖させることはかなりの挑戦であり、魚は飼育が難しく、海から移動すると簡単に死んでしまうため、水産局の研究者が魚の環境、産卵期、および魚の環境を研究するのにこれまで何年も時間を費やしてました。

養殖の研究は、ペッチャブリー沿岸水産養殖研究開発センターが、ペッチャブリー県沖で捕獲された魚を用いて行われてきました。

ホルモン注射後、雌雄の魚を産卵槽に一緒に入れます。
オスはメスを刺激して卵を放し、受精させます。

結果は満足のいくもので、2,250~20,000匹の稚魚が6回繁殖され、成功率は7.94%~61.54%でした。

「プラトゥー」が飼育下で産卵したのは世界で初めてであり、魚が自然界で生き残るのに十分に成熟したら海に放されます。

同局では、魚を保護するために、魚が卵を持っている場合は、その種の雌を購入したり食べたりしないように促しています。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP