• 金. 12月 2nd, 2022

大騒動に発展! 有名コメディアン「ノーズ」ウドムさんの政治風刺コメディによりタイ国民が分断。

Byサイト運営

10月 18, 2022

タイの有名なスタンダップコメディアン「ノーズ」ウドム・テーパニッさんが、彼の番組内での政治を風刺したジョークが批判を集め、プラユット首相の支持者と反対者の間で激しいバトルが繰り広げられています。

この一連のバトルは、タイ社会に長年にわたり深く蔓延る「溝」が未だに健在であることを示しています。

「ノーズ」ウドムの番組「ディアオ13(เดี่ยว13)」は、さまざまなタイのSNSでトレンド1位を獲得しています。

ウドムは固有名を出さずに、ジョークを繰り出していました。
彼は首相を「警備員」になぞらえ、「警備員」がパイロット不在中に「タイの飛行機」を飛ばそうとしていると揶揄しています。

「私たちの国は、飛行機を制御できない誰かによって操縦されています」と彼は言い、ライブの聴衆からは大爆笑が起こりました。

「警備員」という用語は、批評家によって、タイ軍全般、特に首相が率いた2014年のクーデターを比喩するために一部の批評家も使用しています。

このジョークを面白くないと感じているグループの1つは、首相の支持者です。
彼らは「弱さは彼の頭の中にある」とほのめかす言葉は、プラユット首相を侮辱したと非難しています。

ウドムのファンらは、彼はプラユット首相だけでなく、以前の番組内で過去の首相についてもターゲットにしていると指摘しています。
よく名前を挙げずに政治指導者を風刺し、彼らの有名な特徴や失敗について冗談を言うのが彼のスタイルなのだと説明しています。

しかし一般的には、今回のウドムの風刺は、過去一番で痛烈なものであり、以前の標的たちははるかに軽いものだったと評しています。

「ノーズ」こと、ウドム・テーパニッ

1968年9月1日にチョンブリー県で生まれたウドムは、授業料を払えなかったため、ポーチャーン芸術工芸大学を中退しました。

彼の友人は、彼が通常よりも大きな鼻が特徴的だったため、「ノーズ」というあだ名を付けました。

子供向け雑誌の漫画家としてキャリアをスタートさせた後、別の雑誌の美術部門で働くようになりました。
その時、彼は舞台劇のエキストラとして採用され、芸能界を初めて垣間見ることとなります。

1991年に雑誌が廃刊された後、ウドムは芸能界に入り、1990年代に放送された「Yutthakan Khayap Nguak」と呼ばれる人気のテレビ コメディ番組に出演しました。
彼の面白いキャラクターと印象的なトークの才能は、すぐに彼をスターの座に押し上げました。

ウドムは、1995年8月に初のソロステージパフォーマンスを上演しました。
当時スタンドアップコメディーは、タイではまだ珍しいスタイルでした。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP