• 火. 11月 29th, 2022

チャオプラヤー川の堤防が決壊。各地で洪水が発生。

Byサイト運営

10月 11, 2022

10月9日日曜日、増水したチャオプラヤー川の堤防が決壊し、1メートルもの高さの洪水を引き起こしました。

土のうで作られたノンタブリーの一時的な堤防は、上流からの増水により耐えることができませんでした。
洪水のほとんどは20時頃にノンタブリーで発生しました。

その時の水位は海抜 2.88 メートルにまで達したと当局は発表しています。

ノンタブリーの堤防は崩壊し、高さ 1 メートルの洪水を引き起こしました。
自治体の役人と矯正局の役人は、すぐに堤防を修理し、洪水の水の排水に取り掛かりました。

タンボン・スアン・ヤイのブリ・ランサン住宅団地とナコン・イン寺院コミュニティの住民も、堤防が決壊した後、彼らの地域が浸水したと語った。
団地内の道路は水深70~100センチほど。
その後、洪水はラーマ5世交差点にまで広がり、浸水深は30~50cm程度にまでになりました。

地理情報学および宇宙技術開発庁は、多くの地域が浸水していることを示す衛星画像を公開しました。
同庁によりますと、これまでに合計194万8000ライ (311,000 ヘクタール) の土地が浸水しています。

 

 

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP