• 水. 10月 5th, 2022

タイは「マリファナ天国」それでも逮捕されますのでご注意を。

Byサイト運営

9月 20, 2022

「マリファナは合法」という言葉が独り歩きしていますが、全てが許されているわけではありません。

警察は、プーケットの繁華街バングラ通りで適切な免許なしに大麻を販売していた男性を逮捕し、1,000バーツの罰金を科しました。

パトン警察は、多くの人々が許可なくバングラ通りで大麻を販売しているとの通報を受けて、調査を始めました。

25歳のキティポン容疑者から乾燥大麻と大麻タバコを押収しました。
彼はパトン警察署に連行され、公の場で大麻を違法に販売した罪に問われています。
その後、罰金1,000バーツを科されました。

マリファナは現在法律的にグレーゾーンにあるため、具体的には大麻ではなく、路上での販売許可を得ていない罪で検挙されています。

大麻に関する法律は現在真空状態にあり、一般市民と法執行機関の間で多くの混乱を引き起こしていると指摘されています。
実際、大麻に関する最終的な法律は現在も反対派間の政治的議論によって保留されており、タイの一部の法律専門家によると、合法的に大麻を販売するライセンスを取得するための基準は能力は疑問視されています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP