• 水. 10月 5th, 2022

非常事態令の解除とCovid-19状況管理センター(CCSA)の解散に!~10月1日より。

Byサイト運営

8月 19, 2022

新型コロナとの長い闘いが、これで終止符となるのでしょうか。

8月19日金曜日プラユット首相は、10月1日に非常事態令の解除とCovid-19状況管理センター(CCSA)の解散を承認しました。

CCSAの顧問であるウドム博士は、この動きはCovid-19を「危険な伝染病」から「監視下にある伝染病」に格下げするという政府の決定に沿ったものだとコメントしています。

これ以降は、2020年3月24日から施行されている緊急事態令の代わりに、2015年伝染病法がCovid-19の発生に取り組むための基準法となります。

ウドム氏は、タイには現在、病院または自宅で隔離されている約70,000人のCovid-19患者が確認されていますが、そのほとんどは無症状患者であると結論づけています。
同氏はまた、年末までに入院患者数が1日あたり約1,000人に減少し、死亡者数は約10人程度に減少するだろうと予測しています。

さらに、10月1日からCovid-19は「監視下の病気」に位置付けとなりますが、一般病(エンデミック)ではありません。
つまり、混雑した公共の場所でフェイスマスクを着用することは引き続き必要ですとも付け加えています。

緊急事態令は、当局がアウトブレイクをより効率的に制御できるようにするために、2020年3月24日から合計19回延長され、最新の延長では9月30日を期限としていました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP