• 金. 9月 30th, 2022

インターネット上で手に入れた拳銃で彼氏を射殺! 必要or不要?タイの銃規制。

Byサイト運営

8月 9, 2022

パトゥムターニーのクーコット警察は、プラスチック製品を販売する店の前で発砲事件が発生したとして現場に向かいました。

被害者は40歳のスポンチャイさんで、腹部、肋骨、胸などを9mm銃で4発撃たれ死亡していました。

銃を撃ったのは彼のガールフレンドであるタリンヤー容疑者で、同じく40歳でした。
チェコ製のCZ銃が証拠として押収されています。

その店のラオス人労働者であるノイさん (27 歳)の証言によると、被害者は「撃つな」と言ったが、加害者は彼が死ぬまで発砲し続けたと言います。

容疑者は、故人と4年間一緒に付き合っていました。

彼らは頻繁に口論し、彼女は彼がしばしば彼女を殴り、喉をつかんだりもしていたと主張します。
事件前日まで喧嘩が絶えず、長い時間とともにストレスが蓄積されていました。.

お互い別の場所に移り住むようになっても、電話で激しい口論が続いたと言います。

その後彼女は、インターネットで拳銃を購入し犯行に及びました。
そして最終的に自殺をするつもりだったと言いますが、店の従業員が彼女を止めに入り留まったとのことです。

このニュースで最も重要な問題は、タイでは銃がインターネット上で簡単に手に入るという点でしょう。
そもそもタイで銃が規制されない理由は、なんなのでしょうか。
事件にまで発展せずとも、家族や村といった逃げられないコミュニティ中で、ある種権力を誇示するために利用されているケースも存在します。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP