• 水. 8月 17th, 2022

オランダ系タイ人テレビ女優が、警察官にレイプされたと告発「最後まで戦う」

Byサイト運営

8月 5, 2022

バンコクのバーンプラット地区の上級警察官が、カンナーヤーオ地区の邸宅で就寝中のテレビ女優に性的虐待を行ったという申し立てについて、事実調査が開始されました。

8月3日水曜日の夜、タイの女優ヂャイブア・ヒッディンさん(26歳)は、弁護士とともに、カンナーヤーオの邸宅で彼女をレイプした疑いで、バーンプラット警察の主任捜査官を訴えました。

弁護士によると、このタイ系オランダ人の女優は、8月1日の夜、男性1人女性2人の3人でパーティーに出かけたと言います。 

その邸宅に到着すると、そこには所有者である男性、および彼の友人の警察がいました。
彼らとラウンジルームで一緒に飲みました。
ヂャイブアさんは、午前4時頃に眠気を感じ、近くのソファで寝むりたいと頼んだと言います。
その後、彼女はそれ以上アルコールを飲まなくなりました。

午前9時頃、彼女は誰かが自分の体と胸を撫でているような感覚で目が覚めました。
彼女は、警察官が彼女の体を愛撫していたことに気づきました。.

彼女はショックを受け、友達を探し回りました。
彼女は、別のソファで寝ている男性の友人を見つけ、彼を起こしすぐに家を出たと言います。

弁護士によりますと、告発された警察官が家の所有者や友人を通じてヂャイブアさんに連絡を取り、彼の行動について謝罪しようとしたと述べています。
家の所有者は、話し合いの調停を試みたが、ヂャイブアさんはこの件を刑事事件として、最後までやり遂げる決意だと弁護士は語っています。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP