• 木. 8月 11th, 2022

ラマ2世通りの巨大コンクリート片落下事故。死亡者に保険会社から約180万円の補償金。

Byサイト運営

8月 3, 2022

保険委員会事務局 (OIC) は、ラマ2世通りのUターン橋の崩落の被害者に対し、それぞれの保険会社の条件に基づいて、8万から50万バーツの範囲の補償が与えられると発表しました。

7月31日の夜、5トン長さ10メートルのコンクリートの巨大片がUターン用の立橋から落下し、乗用車やピックアップトラックに直撃し、2名が死亡5名が負傷するという大事故が発生しました。メンテナンス中の橋は、サムットサーコーンのムアン地区にあるヴィバラム病院の前にあります。

OIC事務局は8月2日、車を運転していた死亡者の1人に、タナチャート保険の下で自動車強制保険により50万バーツ(約180万円)が与えられると述べています。.

負傷した5名(乗用車の乗客1名、ピックアップトラックの乗客4名)は、各自最大8万バーツの医療費が補償されます。
彼らが臓器を失ったり、永久的な障害を負った場合、20万から50万バーツが与えられると説明しています。
ピックアップトラックの被害者は、ムアンタイ自動車保険が適用されています。

もう一人の被害者は、ディパヤー保険の個人傷害保険に加入している橋梁作業員でした。
彼の家族は 10万バーツを受け取ります。

保険委員会事務局は、保険会社ができるだけ早く補償を提供できるように、調整していると述べています。

同局では、事故はいつ誰にでも起こりうる。強制保険では補償されない不測の事態が発生した場合に備えて、任意保険に加入することを強くお奨めすると述べています。

建設工事側は…、責任とらなそうですね。
タイの場合、命の代償が50万バーツ。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP