• 水. 8月 17th, 2022

16秒に1つのエンジンを生産。中間目標達成のタイホンダ、タイを拠点にシェア拡大を目指す。

Byサイト運営

7月 1, 2022

日本が誇るエンジンメーカー「タイホンダ」は、今後もタイを製造拠点として国内販売向け生産車のシェア拡大を目指しています。

Thai Honda Company Limitedは、4500万台の多目的エンジンを生産するという中間目標を達成し、タイで製造拠点を維持すると発表しました。

タイホンダの木村滋利社長は、多目的エンジン、発電機、送水ポンプ、バックパックスプレー、ショルダータイプの刈払機、芝刈り機、パワーティラー、ボートエンジンの生産ラインを追加および拡張したと語っています。

同社の工場はラークラバン工業団地にあり、16秒に1つのエンジンを生産する能力を備えています。
同社はこれまでに4500万台のエンジンを生産しており、そのうち3900万台(93%)が海外に出荷されています。

今年、タイホンダはタイ国内で販売される製品の比率を7%から10%に増やすことを目標としています。
タイの各エリアにある既存の200か所から、小売業者のネットワークを拡大することを目指しています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP