• 金. 7月 1st, 2022

投資家たちの悲鳴の声。アメリカでの記録的なインフレへの懸念からビットコイン暴落。

Byサイト運営

6月 13, 2022

本日は、投資家たちの悲鳴があちこちで鳴り響いた日だったのかもしれません。

6月13日、世界市場の「ウリ」一辺倒に直面して、投資家がリスクの高い資産を避けたため、ビットコインは25,000ドルを下回る18か月ぶりの安値まで下落しました。

世界で最も人気のある暗号通貨は、ロンドンの朝の取引で約10%急降下して24,692ドルに達し、2020年12月に見られた価格にまで達しました。

アメリカでの記録的なインフレが長引くことへの懸念が強まり、世界の株式市場が急落しました。
ビットコインの急落は、それに呼応するような形で下落しました。

Ava Tradeのアナリストは、「株式市場とビットコインの相関関係は引き続き強まっている」と述べています。

仮想通貨は、2021年11月に記録的なピークを記録して以来、65%の価値にまで崩壊しているとバンコクポストは酷評しています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP