• 金. 7月 1st, 2022

タイ政府、野生動物保護予算を6割以上削減。大型肉食動物への餌代が困難に。

Byサイト運営

5月 27, 2022

国立公園野生生物植物保護局は、タイ政府が野生動物への補助金を年間5千万バーツ削減したため、約26,000頭の保護された野生動物に十分な餌を与えるのに難儀しています。

現在、野生生物の密売業者から押収された多くの野生動物が野生生物繁殖センターで保護されています。

過去数年間、同保護局はこれらの動物の世話をするために8千万バーツの年間予算を付けてもらっていました。
しかし今年は、資金は8000万バーツから3000万バーツに削減されてしまいました。

同局は188頭のインドシナのトラとライオン、27頭のヒョウ、8頭のアジアのゴールドキャット、222頭のマレーグマとアジアのツキノワグマ、2,600頭のサル、ギボンとラングール、194頭のロリス、87頭のオッター、507頭のハヤブサとその他の野生動物の世話をしています。
その数は、合計で約26,000頭に上ります。

このような予算削減は、私たちが彼らを困難な状況に追い詰めています。

民間企業は、売れ残った果物や野菜を同局に寄付しましたが、それらは彼らの主な食料源ではないものが多かったと担当者は言います。

トラやクマなどの大型動物は、肉を食べます。
各トラは、毎日約5キログラムの肉を消費する必要があります。

同局は「里親」プロジェクトを立ち上げ、同局の野生動物の餌を買うためのお金を寄付することを求めています。

口座は以下の通りです。
Krungthai銀行
口座番号:980-216-5379
Department of National Parks, Wildife

寄付を否定するような人もいますが、行動もせず口だけの人間よりも、少額でも行動が出来る方のほうが、私は好きです!

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP