• 日. 7月 3rd, 2022

コーンケンの寺院でカンボジア人僧侶が逮捕。容疑は不法入国。なぜ不法入国してまでタイの僧侶に?

Byサイト運営

5月 19, 2022

5月17日夜、4人のカンボジア人僧侶がコーンケンの寺院で、不法入国したことが判明し逮捕されました。
また、仏教界からも追放となりました。

コーンケン警察は、修道院長に会い、寺院のすべての僧侶と身分証明書を確認する許可を求めました。

その中に4人のカンボジア人僧侶を見つけました。
彼らはそれぞれ適切な僧侶の証明書を持っていましたが、タイの入国書類はありませんでした。

カンボジア人は市内のワットクランに連れて行かれ、そこで仏教界から追放処分とされました。
その後、彼らは強制送還されるまで警察署に拘留されました。
薬物使用とCovid-19については、すべて陰性でした。

4人の容疑者は25〜40歳であると述べました。
彼らは国境を越えてスリン県のカプチョン地区のタイに忍び込み、僧侶として叙階されました。

スリンから徒歩で旅に出て、コーンケンに向かう途中の寺院に一泊しました。

コーンケンでは、彼らはワット・ウッターラームに滞在し、僧侶が日常的に行う托鉢もしていました。
彼らは、その托鉢で集めたお金をカンボジアに送金したことを認めています

なるほど、いろいろと思いつくものですね。
最後のところ、今回の事件の本質が分かりました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP