• 水. 5月 25th, 2022

【動画あり】「飛行機を攻撃せよ」天の声を聴いた麻薬服用者が、スワナプーム国際空港へ突入! 4名が怪我。

Byサイト運営

5月 4, 2022

偽の銃と小さな斧で武装したルーイ出身の34歳の男性が、スワンナプーム国際空港の立ち入り禁止区域に突如オートバイで侵入してきました。

事件は5月3日の正午前に始まり、10分以内に終わりました。

突如バイクで侵入してきた男は、バイクから降りてきて、旅客ターミナルエリアの内外を縦横無尽に暴れまわりました。
彼の乱闘によって、職員が怪我を負っています。

事件を起こしたのは、タイの東北地方ルーイ県出身のワチャラ容疑者34歳。
事件当時彼は、麻薬を服用していて、供述内容が支離滅裂でした。

証拠として取り上げられたのは、偽の銃、50cmの斧、プラスチックの容器に入ったオレンジ色のヤーバー(違法薬物)のタブレット1つ、そして金の宝石のアイテムでした。

メディアによって公開されたビデオは、空港警察と警備員が彼を追跡をしている姿でした。

この事件により4人の職員が負傷しました。

その後、空港の責任者であるキッティポーン氏は、バンコクの主要空港のセキュリティの見直しを約束しました。

容疑者は、近くのバンプリーに住むバンサオトンの倉庫作業員で、「飛行機を攻撃せよ」という声を聞いて、幻覚にとらわれていたと伝えられています。

彼は、セキュリティを破り、空港で危険な事件を引き起こした罪で起訴されました。
これは、死刑または終身刑になる可能性のある重大な事件です。

少なくとも彼の起こした事件は、最大20年間投獄され、60万〜80万バーツの罰金を科せられるのではないかと、地元メディアでは報じられています。

その他の容疑には、斧の所持、麻薬の服用、刑事被害、逮捕への抵抗が含まれています。

よく「天の声」を聞いたとされるのは、こういったことなのでしょうか。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP