• 木. 5月 26th, 2022

ゾウが怖がる昆虫があります。それってなぁんだ? フアヒンのゾウ対策で〇〇を活用。

Byサイト運営

4月 30, 2022

タイの象徴とも言えるゾウですが、時に作物を荒らしたり、人間に危害を加えたりと害獣となってしまうこともあります。
その対策として、ゾウのある習性を利用した試みが始まろうとしています。

世界最大の陸上動物であるゾウは、ミツバチを怖がるという習性を持っています。

1匹のミツバチは象の厚い皮に大きな害を及ぼすことはありませんが、数百匹のミツバチの群れは、特に口、目、体幹などの敏感な部分を刺す場合、深刻な痛みを被る可能性があります。

これが象が、ミツバチを嫌がる理由の一つです。
世界中の保護区では、この巨獣と人間の間の衝突を防ぐ方法としてそれらを使用しています。

そして今、フアヒンの当局者も同じことをしようと考えています。

プラチュワップキーリーカーン県副知事は、フアヒンと近くのクイブリで象が引き起こした問題のいくつかを解決する方法について話し合いました。
問題のほとんどは、フアヒンのフアイサットヤイ地区の農地に侵入し、農民らに損害を与えているケーンクラチャン国立公園のゾウの件でした。

今年の4月、地元住民が野生の象に襲われ、死亡するという事件が2件発生しています。
ゾウは、しばしば食料と水を求めて農地に侵入します。

農民は自分たちの作物を守るために、象を怖がらせて自分たちの土地から追い払おうとします。
しかしこれは逆効果で、動物が攻撃的になり、農民に突撃する結果となる可能性があります。

当局は現在、州知事に提示される8つのポイント計画を作成しました。
これは短期および長期の両方で、ゾウ問題のいくつかを防止および解決することを目的としています。

計画は次のとおりです。

①フワヒンのゾウが出没する森林地域で、象のための水と食料の供給を確立します。
②野生の象からの侵入を防ぐために、農場の周りにいわゆる「蜂の巣フェンス」を建設します。
③影響多発エリアに、半永久的なフェンスを作成します。
④ケーンクラチャン国立公園とフアイサットヤイ地区行政機関が地域の象を監視できるように、監視カメラ、無線通信、必要な資材、設備を設置します。
⑤毎月、フアイサットヤイの幹線道路沿いの木々や茂みを伐採します。
⑥カオタヤイとフアイサットヤイの入り口付近に合計10kmの道路に沿って、街路灯を設置します。
⑦象によって怪我をしたり、作物や財産に損害を与えたりした人々を支援するための基金を設立します。
資金は、お土産品の販売、イベントの開催を通じて調達します。

⑧野生生物保全協会(WCS)タイが主導機関として、野生象を監視し、監視カメラを設置するシステムを構築します。

特に5月と6月は、パイナップルとドリアンの収穫のピーク時期であり、豊富な果物が食料を求めている地域にゾウがやって来る可能性があります。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP