• 木. 5月 26th, 2022

パタヤで横行する「ハッピーウォーター」にご用心。

Byサイト運営

4月 24, 2022

パタヤ警察は、このパタヤのナイトスポットで横行している新しい種類の違法ドラッグカクテルである「ハッピーウォーター」に対する取り締まりを強化しました。
既に逮捕者も出ています。

麻薬抑制局(NSB)は、パタヤの娯楽施設で麻薬を販売していたギャングの活動を追っていました。

「ハッピーウォーター」は、他の薬(通常はエクスタシー、メタンフェタミン、ジアゼパム、カフェイン、トラマドール(鎮痛剤)の組み合わせ)の混合物で、粉末をお湯に溶かすか、甘い飲み物と混ぜ合わせることで作られます。

結果として生じる症状には精神活性効果があり、ユーザーは陶酔感を感じますが、疲れしらずとなります。
それはパタヤのタイ人と外国人の間で、現在流行しています。

麻薬抑制局は、この「ハッピーウォーター」に関連している2人のタイ人と1人の外国人を探していました。
そして4月23日土曜日朝、チョンブリーのバンラムン地区にあるラン島のタワエンビーチでサラユス・ブーンマリー(28歳)を逮捕しています。
彼は、販売を目的とした違法薬物の共謀で指名手配されていました。

この容疑者の役割は、地元のナイトスポット内で顧客に薬を届けることでした。

警察官は容疑者か2か所の家宅捜査、1台の車、3台のオートバイ、および900万バーツ以上の価値の貴重品を押収しました。

尋問中に、サラユス氏は容疑を自白したと彼らは言った。彼はさらなる法的措置のためにNSBに拘留されています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP