• 水. 5月 18th, 2022

BNK48「SAYONARA CRAWL(さよならクロール)」ついにリリース! C/W「星空を君に」チーム名も発表。

Byサイト運営

3月 21, 2022

2022年1月21日18時15分、セントラルワールドの世界最大級のデジタルインタラクティブスクリーン『パノラミックス』を利用し発表された、BNK48 11thシングル「SAYONARA CRAWL(さよならクロール)

そのリリースイベントが3月20日「アジアティーク・ザ・リバーフロント」内で特設ステージで行われました。

当日は折り悪く突然の大雨に見舞われましたが、タイのスコールは慌てず待てば止みますのでその辺りタイ人の来場者たちは冷静でした。
そのため本来17時からの開始でしたが、18時30分からのイベント開始となりました。

先ず一番初めにステージを盛り上げてくれたのはBNK48の3期生の面々。
先日披露目されたデビュー曲「ファーストラビット」を披露してくれました。

 

2番目は、ジェーン率いる「ヘビーローテーション」。
ミュージック、ターワーン、プーペー、フォン、みおりの6名でのパフォーマンスでした。

 

3番目は、ヂヂ―がセンターの「ワロタピーポー」です。
この日は他に、チャープラン、オーン、ウィー、ミンミン、ニウの6人選抜でした。

 

4番目はチェンマイからCGM48のメンバーが駆け付けてくれました。
歌はファーストアルバム曲「永遠プレッシャー」。
パフォーマンスしてくれたのは、オーム、シャンプー、シター、カニン、マーミン、フォーチュンの6名でした。

 

チーム名は『スターライト』

そして5番目に登場したのは、3月9日に発表されたBNK48 11thシングルのカップリング曲「Hoshizora wo Kimi ni(星空を君に)」でした。
これは、プレスリリース表にも載っていなかったスケジュールでしたので、サプライズな展開となりました。
披露したのは選抜メンバーでもある、ジャー、カイムック、ニキー、ラター、モネ、ヨーグゥの6名です。
衣装は、日本の学生服をイメージさせるセーラー服が採用されていました。

ちなみにトークタイム中にカイムックがこの6名の選抜メンバーにチームを名を命名していました。
その時のやり取りがこちらです。

(要約)
カイムック「この6人にチーム名をつけたいと思います」
ジャー「納豆じゃないよね?」
全員「それはいやあ。いやだよ~」
カイムック「それではみんなで!」
全員「スターライト!」

カイムックの説明では、日本の元歌の歌詞に「スターライト」という部分があるからだそうです。

 

そして最後にBNK48 11thシングル「SAYONARA CRAWL(さよならクロール)が披露されました。

この曲は32名という過去最大人数でのメンバーが選出されています。
※ジェニス、パン、モバイル、チャープラン、ヌーイ、ジェーン、ミュージック、ヂヂ―、ウィー、ゲーオ、ターワーン、ナムヌン、サタン、パエヤー、ミンミン、パッコム、 フォン、ニウ、フープ、ピーク、オーン、パムパム、ミーン、フェーム、プーペー、みおり、オーム、シャムプー、カニン、フォーチュン、マーミンク、シターの32名

そしてセンターは、ミュージック、フォン、パエヤー、シャムプーの4名。
それぞれ1期生、2期生、3期生、CGM48から一名づつ選ばれており、正に全員野球で一丸となってこの曲に取り組もうという強い意思を感じさせてくれます。

衣装は細かな部分で形が異なっており、デザインは日本で、縫製はタイで行われました。

 

また当日は「SAYONARA CRAWL(さよならクロール)のMVもステージ上で公開されました。

この「SAYONARA CRAWL(さよならクロール)のミュージックビデオのコンセプトは、都会の喧騒を忘れてリラックスすることにあります。
全体的なトーンは、夏のトロピカルな雰囲気に焦点を当てて、空と海を強調しています。

ちなみにフォン曰く、MVで着ていた衣装は『ビキニ』なんだそうです(笑)。

BNK48のYouTube公式サイトで是非ご覧ください。
フォローがまだの方は、チャンネル登録もお忘れずにね。

そしてこの日3月20日は、ズバリBNK48チームBⅢミンミンの誕生日でした。
ステージ上で、大きなケーキでもってお祝いしていました。

さらに注目すべきはチャープランがトーク中に、4月2日3日で「ファンフェスティバル」が行われるだろうことを発表していたことでした。
こちらは、第1回目の選挙の前に開催されたことがあるのですが、その際には運営から指定されたファンクラブが独自にブースを持ち、推しのメンバーをプレゼンし選挙投票を促す、選挙運動のような趣旨のイベントでした。
学際のような雰囲気で、選挙がなくても十分に楽しめる内容となっていました。
もし同じような趣旨でイベントが行われるようなら、久しぶりの開催ですので、楽しみの一つとなりそうですね。

まだ詳細は公式サイトから明らかにはされていませんので、BNK48公式フェイスブックなどをフォローして、情報をゲットしてください!

 

 

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP