• 火. 5月 24th, 2022

タイ王国国家警察庁、人身売買の抑制に取り組んでいると改めて主張

Byサイト運営

2月 21, 2022

タイ王国国家警察庁は、改めて人身売買の抑制に取り組んでいると主張しています。

野党の国会議員がソンクラーでの2015年のロヒンギャ人身売買事件で警察を非難した後、このような声明を発表しました。

この事件は、タイ南部の国境付近で30人以上の人身売買されたロヒンギャ民の遺体が発見され、数人の警察と軍の将校が汚職と人身売買の罪で有罪判決を受けたことに起因しています。

19日土曜日に、調査を主導した上級警察官は、影響力のある人々からの大きな圧力かかり、彼が事件でより多くの「大魚」を捕まえる前に、彼をオーストラリアに追いやることを強制されたと発言しています。

警察は、ロヒンギャの人身売買事件は刑事手続法の第20条に基づいて王国外での犯罪と見なされたと主張しています。

彼は、司法長官が人身売買、国境を越えた犯罪、およびその他の犯罪で容疑者を起訴することを決定する前に、警察官と弁護士の調査チームを設立したと述べています。

「捜査チームは裁判所に対し、155人の容疑者に対して逮捕状を発行するよう要請しました。そのうち120人が逮捕され、2人が最終的に死亡し、33人がまだ行方不明である」と証言しています。

一方、タイ警察は、プラユット首相、プラウィット副首相、スワット国家警察署長の監督の下で人身売買抑制政策に取り組んでいると主張しています。

2021年、タイは米国の人身売買報告書で、Tier2に格下げされています。

アメリカの人身売買レポートで、タイはさらに格下げへ。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP