• 火. 5月 24th, 2022

瀕死の病人の財布からATMカードを盗んだのは看護婦ではない!病院長、怒りの主張とは?

Byサイト運営

2月 12, 2022

パタヤのバンラムン病院の院長は、死にかけている男性のATMカードを盗み、現金自動預け払い機で4,500バーツの現金を引き落としたのは看護師ではないとメディアの報道を否定しました。

ワサン博士は、犠牲者の親戚はおそらく病院でのさまざまなことについて混乱しており、誤認していると主張しています。

この容疑者は、実際には病気の患者の世話人であると述べています。

タイ語では、これは「ナーンパヤバーン(看護婦)」ではなく「プゥドーレーコンカイ(誰かの世話をする人)」です。

とにかく、病院側では今回の損失を返済するつもりであり、ワサン博士は懲戒委員会を設置し対応しています。

容疑者は職を失うだけでなく、刑事罰に直面する可能性があります。

同氏は、貴重品を病院に持ち込むべきではないと付け加えています。

亡くなった男性は、新型コロナに感染し病院に来たときは元気でしたが、後に重い症状を発症し、ICUにいました。
その時に、容疑者は患者の財布からATMカードを盗み出し、現金を引き落としていました。

まあ、どっちでも同じような気がしますが…。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP