• 木. 5月 26th, 2022

タイ料理を代表する「パッタイ」がオックスフォード辞書に掲載。

Byサイト運営

2月 9, 2022

タイの伝統料理「パッタイ」が、ウェブサイトのオックスフォード辞書に掲載されたため、タイはもう1つの誇りを得ました。

パッタイは、「米、香辛料、卵、野菜、そして時には肉や魚介類から作られた麺の一種で作られたタイの料理」と定義されています。

魚醤、タマリンドジュース、パームシュガーを加えると、甘酸っぱい味になります。
パッタイは多くの外国人旅行者に愛されている屋台の食べ物であり、この料理はトムヤムクンと同じくらい人気があります。

以前、パッタイは「クィッティアオパット」と呼ばれていました。
これは、第二次世界大戦中にタイの当時のリーダーであった陸軍元帥プレークピブ・ソンクラーム氏が、国が高い米価に苛まれていたため、国の料理としてのアイデアを示したことに始まります。
麺は安価な代替品であり、他の地元の食材と一緒に使用することができました。
その独特の味わいで人気を博し、多くの人が「パッタイ」と呼んでいます。

パッタイは、CNN goによって世界最高の食品リストにも指名されており、タイの文化遺産にもリストアップされています。

正直なところ、今頃パッタイを辞書に掲載するとは、オックスフォードの辞書、大したことねーな、へッ!
(どこから目線やねん!)

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP