• 木. 5月 26th, 2022

お金持ちには10年間のビザを付与? あなたは対象者になれそうですか?

Byサイト運営

1月 19, 2022

タイの内閣は、タイ経済の発展のために4つの特別な能力を持つ外国人グループを、最大10年間タイに滞在させることを目的とした、2つの閣僚発表を承認しました。 

政府副スポークスマンのラチャダー氏によると、タイ政府の対象となるのは、裕福な人々や年金受給者、タイで働きたい専門家、そして高度な技能を持った人々です。

これらすべての人々には長期滞在ビザが付与されます。
このビザは10年間有効ですが、王国に滞在してから5年後に延長する必要があり、延長期間はさらに5年間のみとなっています。

これらのグループのいずれかに属していると思う人は、タイ投資委員会(BOI)または海外のタイ大使館および領事館に自分のステータスを証明する証拠と関連文書を提供することにより、資格証明書を申請することが可能です。

証明書を取得した人は、この最長10年間の長期滞在ビザを申請することができます。
ビザ料金は、申請者ごとに年間1万バーツ(3万5千円)となっています。
居住地を確認するために、年に1回当局に報告する必要があります。

証明書があれば、経済発展の特別な場合として労働許可を申請することができます。

雇用契約に基づく外国人の労働許可は、雇用契約の期間中5年を超えない範囲で存続します。
許可は契約期間に合わせて延長できますが、5年以内となります。
就労許可は、居住ビザの有効期限が切れた時点で失効します。

要件を満たしていない方は失格となる場合があります。
ビザの種類は入国管理規則に従って変更も可能です。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP