• 火. 1月 25th, 2022

バンコク、新型コロナ患者の受け入れ準備OK!行政は感染拡大は想定済みだった?!

Byサイト運営

1月 5, 2022

バンコク都は、Covid-19患者の新しい症例に対処するために、病院、仮設病床、およびホスピテルなど、25,000以上の病床を供えた医療施設と隔離センターを用意しています。

バンコク都(BMA)は、年末年始のイベントで増加すると予想されるCovid-19の症例数を処理するために、施設を設置し医療関係者を準備しました。

医療サービス局の報告によると、感染した患者を受け入れるために当局によって合計25,345床が準備されており、そのうち2,922床が病院、2,898床が仮設病床、19,525床がバンコク周辺のホスピテル(ホテルの一室を利用した隔離病床)からのものとなっています。

Covid-19患者を支援するために、合計5,066床の40のコミュニティ隔離センターがBMAによって直ちに設立されました。
これらのセンターのうち3つは現在開いており、50人の患者が治療を受けていますが、他の施設は待機しており、必要に応じて1日~3日以内に準備することができます。

こうなることが分かっていながら、国家予算をかけてまでカウントダウンイベントやらせたのは何故?

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP