• 火. 1月 25th, 2022

タイ東北部コーンケンで発見された2件のオミクロン株。感染者の足取りを追う。

Byサイト運営

12月 23, 2021

コーンケン知事のソムサック氏は12月22日水曜日、県内初の2件のオミクロン変異型症例の検出を発表しましたが、彼は県民にパニックにならないように求め、ウイルスを封じ込めるための厳格な措置が講じられていることを保証しました。

2つの症例はガラーシンに住む夫婦であり、12月10日にベルギーへの訪問から戻って最小限の検疫に入りました。
到着時に陰性であったと言います。

簡単な検疫の後、夫婦はタイスマイル航空でカラシンの故郷に戻り、空港から親戚の車で家に帰りました。
12月13日、2人は県庁舎でパスポートを更新するためにコーンケーンに行き、16時30分から18時30分までコーンケンからムクダーハンバスでガラーシンに戻りました。

その3日後に夫婦が発熱と筋肉痛を発症し、ガラーシン病院に入院し、COVID-19のオミクロン変異体に感染していたことが明らかになりました。
彼は、夫婦が後に治療のためにコーンケンの私立病院に移送されたと付け加えた。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP