• 月. 1月 24th, 2022

タイ観光中のイギリス人がオミクロン株に感染。国内で確認されたのは初。

Byサイト運営

12月 22, 2021

チェンライ知事のパサコーン氏は、県の保健局長であるワチャポーン博士を伴い12月21日に会見を開き、(空港検疫以外の)タイ国内で最初のオミクロン変異型の症例が発見されたことを発表しました。

知事は、感染者である英国人(36歳)は、タイに向けて出発する前にRT-PCRで陰性であり、12月13日にバンコクのスワンナプーム国際空港に到着し、2回目のRT-PCR検査でも陰性であったと述べています。

彼は3人のアメリカ人の友人に会うためにチェンマイに飛ぶ前にホテルで2泊しました。
4人は12月15日にタイ人の運転手を雇ってチェンライを観光しました。
途中、ホテルにチェックインする前に、ウィエンパパオ地区のサービスステーションとホワイトテンプルに立ち寄りました。
その夜、彼らはホテルの近くのレストランで一緒に夕食をとりました。

英国人は、後に喉の痛みを発症し、薬局で抗原検査キットを購入し試したところ「陽性」の結果を示しました。
彼は翌朝、検査のために病院に行き感染が確認されたため、ソムデートプラユッパラート病院に入院しました。
さらに翌日、高熱が出て別の病院に転院しています。

彼の友人である3人のアメリカ人は、バンコクの米国大使館で隔離許可を求めている彼は付け加えました。

ホテルの従業員3人と薬局のスタッフを含む4人のタイ人が隔離されました。
彼らは現在のところ陰性と示しています。

カセムラートスリブリン病院の院長は、英国人の患者の状態は5日間の治療の後、現在は回復し熱がおさまったと述べています。

同患者から採取されたウイルスは、医学部で調査したところ、オミクロン変異種であることが判明しました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP