• 日. 1月 23rd, 2022

アナンダーと三井不動産の共同出資で、バンコクとパタヤに5つのサービスアパートプロジェクト。

Byサイト運営

12月 14, 2021

タイ証券取引所(SET)に上場しているタイの不動産開発者アナンダーデブロップメントは、住宅開発事業への多角化事業を目指し、今後6か月間にバンコクとパタヤで5つのサービス付きアパートプロジェクトを開始します。

チャノン最高経営責任者は、同社が日本の開発者である三井不動産と合計120億バーツを共同投資したサービスアパートプロジェクトは、今後5年間で経常利益の総収入20%を占めるようになるだろうと述べました。
「住宅市場は人々の収入に依存している。住宅購入者は収入が堅調であれば売れ行きも上がるだろう。観光市場が回復できない場合、購買力も凍結されるだろう」と同氏は述べています。

Covid-19の影響により、ホテルの占有率は27%と急激に低下しましたが、サービス付きのアパートは、ターゲットが主に長期滞在の顧客であるため50%となっています。

5つのサービス付きアパートプロジェクトには、445室あるサマセットラマ9が含まれます。
これは、不利な観光市場のために昨年から遅れて今月オープン予定となっています。

残りは2022年の第2四半期に発売され、451室のアスコットトンロー、393室のアスコットエンバシーサトーン、196室のLyf Sukhumvit 8、324室のサマセットブルーコーストパタヤで構成されます。
「観光客の受け入れは始まったが、来年下半期には外国人観光客が完全に戻ってくるのを待ってから、スクンビットソイ8とパタヤのプロジェクトを開始する」とチャノン氏は語っています。

アナンダーは、2022年末までに5つのサービス付きアパートの稼働率が40〜65%になると予想しています。

不動産コンサルタントのコリアーズのパタラチャイ氏は、
「2022年には、より多くの外国人観光客、外国人駐在員、海外投資家がタイに簡単に旅行できるようになるため、サービス付きアパート市場は改善するだろう」と述べています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP