• 月. 1月 24th, 2022

タイ、大晦日は深夜1時まで飲酒が可能に。

Byサイト運営

12月 13, 2021

タイのCovid-19状況管理センター(CCSA)は、大晦日深夜1時まで全国のすべての地域でアルコール飲料の提供と飲酒を承認しました。
12月13日、CCSAのスポークスマンタウィーシン博士は発表しました。

飲酒を可能とする条件は次のとおりです。
換気の良い屋外レストランのみ。

レストランの管理者、スタッフ、および顧客は、CCSAによって課された「Covid Free」の措置に厳密に従う必要があります。

顧客は完全にワクチン接種されており、RT-PCRテストの結果が陰性である必要があります。

カウントダウンなどのイベントの開催も可能です。
1,000人を超えるイベントの場合、主催者は、スタッフ、ミュージシャン、ゲストのすべてのメンバーが完全にワクチン接種され、72時間以内にCovid-19の検査で陰性であることを確認する必要があります。

CCSAはまた、ダークレッドゾーンとレッドゾーンに分類されたエリアはないと報告しています。
したがって、39の県がオレンジゾーンにあり、30の県が黄色のゾーンにあり、8の県がブルーゾーンに分類されています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP