• 日. 1月 23rd, 2022

100頭のバイソンを撃ち殺し喜びを得る。イタリアンタイCEOプレームチャイ容疑者の半生。

Byサイト運営

12月 10, 2021

建設業界の大物プレームチャイ・カーナスートの人生は、2018年の初めに彼が行った「狩猟」により転落しました。

野生生物愛好家にとって、67歳の超金持ちビジネスマンに言い渡された2年と14か月(3年2カ月)の刑期は、愛好家グループが勝ち取った正義の証です。
世界自然保護基金(WWF)は、この事件を「野生生物の勝利と法の支配」と呼びました。

水曜日(12月8日)の朝プレームチャイ容疑者は、左目に眼帯を巻き、杖を手にした姿で登場し、最終判決を聞くためにトーンパプーム裁判所に出廷しました。
最高裁判所は、野生生物保護区内での違法な密猟に関連した一連の容疑で、プレームチャイ容疑者とその共犯者(全員が彼のスタッフ)に対する有罪判決が言い渡されました。
懲役に加えて、彼らは200万バーツ(約700万円)の賠償金を支払うように命じられました。

プレームチャイ容疑者は一見、健康上の問題を抱えているように見えますが、タイ矯正局は彼には病院ではなく刑務所に送られることを明らかにしました。

富と強力なつながり

1954年3月9日、チャイユス・カーナスート博士とママ・ラジャウォンセ・パンナジット(ワラワーン)の末息子として生まれたプレームチャイは、エリート特権の生活を楽しんできました。彼は、元学生に現在の王を含むチトララダ学校で学びました。

その後、プレームチャイは、コロラド鉱山学校で鉱山工学を学ぶために米国に向けて出発しました。
次に、南カリフォルニア大学で経営学の修士号を取得しました。

彼がまだ20代の頃、プレームチャイは父親が共同設立した建設大手であるイタリアンタイデベロップメント(ITD)のマネージングディレクターに任命されました。
1994年、彼はITDを株式市場に上場させることに成功しました。

彼のリーダーシップの下で、ITDはいくつかのメガプロジェクトを勝ち取り、年間収益が500億バーツ(約1700億円)を超えるほどに達しました。
その工事受注の中には、BTSスカイトレインとスワンナプーム空港の建設が含まれていました。

しかし彼の人生は、大好きな狩猟により狂い始めました。

情報筋によると、2018年に逮捕される前に、プレームチャイ容疑者は狩猟が大好きでトゥンヤイナレースワン野生生物保護区を何度も訪れていました。
しかし銃を持ってこの保護区に入ることができるのは、重要人物とつながりのある人だけです。
訪問者は通常、入場時に徹底的なチェックの対象となりますが、タイではいわゆるVIPの場合、これらチェックが緩和されることがよくあります。

カンチャナブリー県にあるトゥンヤイナレースワン野生生物保護区は、世界遺産の一部として動植物が保護されています

ある情報筋によると、プレームチャイ容疑者と彼の友人たちは、ラヨーン県のプライベートアイランドで100頭以上のバイソンを解放したことがあり、グループはヘリコプターからこれらの動物を銃で撃ち楽しんでいました。

プレームチャイ容疑者は、成長した3人の子供と共に再婚するなど、金持ちの父親が一般的に行うことをたどってきました。
家族経営の会社で重要な役割を果たす準備をしています。
現在、彼の3人の子供はITDの取締役会に参加しており、副社長にも指名されています。
末っ子のトラニスは、プレームチャイ容疑者の不在下で事業を主導するために選出されました。

今月初めにタイ証券取引所の発表によると、ITDの取締役会はプレームチャイが役割を果たすことができない場合に備えて、トラニスを会社の社長に任命することを決議しました。

取締役会の決議のタイミングは、プレームチャイが法の裁きから逃れることはできないと予見していたことを示しています。

実際、プレームチャイは近年ITDでの彼の役割を減らしつつありました。
彼はまた、同社への出資比率を2018年の14.88%から今日の11.90%に引き下げました。
しかし今のところ、彼はITDの筆頭株主であり続けています。
彼の子供たちの中で、彼の娘プラチャヤーだけが会社の10大株主の中にランクされています。

タイにも正義が存在しました。
しかし、これは外国の圧力もあってのことです。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP