• 火. 1月 25th, 2022

隣国マレーシアでオミクロン感染者確認!タイ首相、空陸・国境警備の強化を指令。

Byサイト運営

12月 5, 2021

オミクロン株の脅威が間近に迫っています。

プラユット首相は、マレーシアでCovid-19のオミクロン変異体の最初の症例が検出されたとの一報を聞き、国境警備を強化するよう命じました。

政府スポークスマンのタナコーン氏によると、マレーシアで19歳の女子学生がオミクロン亜種の最初の症例として特定された後、プラユット首相は各行政機関にオミクロン株の国境からの侵入を注意深く監視するよう命令を出したことを明らかにしました。

このマレーシアの学生は、南アフリカからシンガポール経由で旅行し、11月19日にマレーシアに到着しています。

首相は、空港と国境検問所の両方で国境検問を強化するように、公衆衛生、外務、観光、内務省、および治安機関に指示しました。

入国するすべての人は、国営施設で健康診断と検疫を受ける必要があります。
異常な症状を示した人は、病院で詳細な検査が必要となります。

オミクロン株の情報については、すべて首相に直接が報告がなされる体制となっています。

政府のスポークスマンは、様々な形で国境を経由し不法に国に侵入しようとする人々を撃退するための厳しい国境措置が実施されていると主張しました。
これらは、オミクロン株の国内流入における重大な脅威だと認識していると言います。

先日、入国管理局は、オミクロン株が発症しているアフリカの8か国から到着した150人を追跡することができたと発表しました。
その中で、新しい菌株に対して陽性と判定されたものはありませんでした。

当局は11月15日から30日までに、当該8カ国からタイに到着したさらなる約100人を追跡しています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP