• 月. 1月 24th, 2022

イタリアンタイのCEOに改めて3年2か月の実刑判決。

Byサイト運営

12月 9, 2021

タイ最高裁判所は、2018年2月、アピール裁判所の判決に沿って、トゥンヤイナレースアン野生生物保護区での密猟と狩猟の罪で、イタリアンタイ開発CEOのプレームチャイ・カナストラー容疑者に仮釈放なしの「2年」と「14か月」の実刑を言い渡しました。

最新の判決は、控訴院が野生生物の死骸を隠蔽した容疑で起訴を取り消したという検察官の誤解により発表されました。これにより、プレムチャイと彼の2人の共犯者に渡された判決が8か月短縮された可能性があります。

「控訴院は、野生生物保護保護法BE 2019(2019)に沿って上記の告発を取り消したが、代わりに、野生生物のはく製を所持したとして最高刑をプレームチャイ容疑者と彼の2人の共犯者に下した」とトーンパプーム地方裁判所は説明しています。

2人の共犯者、ヨーン容疑者とタニー容疑者は、それぞれ仮釈放なしで「2年と17か月」と「2年と21か月」の懲役に科されました。

裁判所はまた、プレーチャイ容疑者に200万バーツの補償金を支払うよう命じました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP