• 土. 11月 27th, 2021

カンボジアで、中国人に強制労働させられていたタイ人99名を救出。他のにも被害者多数の見込み。

Byサイト運営

11月 19, 2021

11月18日、カンボジアの警察は、中国のギャングによってプノンペンの建物に拘束されていた、違法に働くことを余儀なくされた99人のタイ人労働者を救出しました。

救助活動は、カンボジア当局、タイ警察、タイ王国大使館職員による共同作戦により実施されました。

作戦開始当初、当局は約50人の中国人によって守られていた建物を取り囲んみました。
当局は、その中で40人を捕獲し、17時には建物からすべてのタイ人を救出することができました。

すべてはサケーオのクロンルック国境検問所を経由してタイに帰国します。
彼らは14日間隔離された後、自宅に戻ることが許可されます。

この作戦では、タイ王国警察、反人身売買センター、および児童女性と家族保護グループが協力して、捕虜労働者を収容するために使用された建物の特定を行っていました。

被害者のほとんどは、カンボジアでのオンラインギャンブルのプロモーションやオンラインマーケティングなどの高給な求人募集で他のタイ人に騙されたといいます。

人身売買業者の一団が、サケーオのコクソン地区から国境を越えて被害者を不法に導き、バンでプノンペンに移送したと言われています。
彼らが建物に到着したとき、彼らは監禁され、契約に署名することを強要されました。

そして、被害者らは、多くの中国人に監視された建物で監禁され続けました。

被害者らは最初の月だけ給料を受け取りました。
被害者の一人によると、仕事を拒否した人々は暴行されたり、手錠をかけられたり、2日間飢えたままにされりなど拷問を受けていました。
彼ら全員が他の同胞を勧誘して同じ仕事に従事させたり、彼らと投資したりすることを余儀なくされたと言います。

各被害者は、月額100〜200万バーツのノルマを課されていました。
目標を達成できなかった人々は殴打または感電などの刑に処されました。
一部の者は、さらに拉致されたり、他のギャングに売られたりもしていました。

警察は他の犠牲者を救うため捜査を拡大しています。
さらに何百人も同様の被害者がいると見ています。

警察は人身売買の被害者にならないように、海外での高給な求人募集の仕事に対し、タイ人に警告しました。

だから中国人に近づくな!と、本誌では何度も警告しています。
これは市民に限ったことではありません。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP