• 日. 12月 5th, 2021

再び新型コロナ感染者増加傾向に。チェンマイ、ラヨーン、コーンケンなど6県が監視区域に追加。

Byサイト運営

11月 2, 2021

11月より隔離検疫なしに観光客を受け入れる一方、再び感染が増加傾向を示している地域もあります。

タイのCOVID-19状況管理センター(CCSA)は、新たな新型コロナ感染拡大への懸念から、南の国境地域であるヤラー、パッタニー、ナラティワート、ソンクラーに加えて、さらに6つの県を「監視リスト」に追加しました。 

CCSAアシスタントスポークスパーソンのアピサマイ氏は11月1日月曜日、南部のナコーンシータマラート、北部のチェンマイ、北東部のコーンケン、西部のターク、東部のラヨーン、チャンタブリーが、そのリストに含まれていると述べています。

南部国境地域ですでに実施されているものと同様のより厳格な管理が、この病気の蔓延を抑えるために課されると述べ、葬儀、結婚式、学校、移民労働者の間で新しい感染クラスターが出現したことを指摘しています。

CCSAによると、タイの人口の58.8%が最初のワクチン接種を受け、42.9%が2回の接種を終えていますが、50万人いるとされる妊婦は11.9%にとどまっています。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP