• 土. 11月 27th, 2021

セルフ観光大使と化しているラッセル・クロウ氏に、タイ首相が文化相経由で感謝の意。

Byサイト運営

10月 24, 2021

イッティポン文化相は、10月23日土曜日の午後、ハリウッドのスーパースター、ラッセル・クロウ氏に会い、タイの宣伝に協力してくれたことについて感謝しました。

ラッセル・クロウ氏は、9月18日にプーケットに到着し、ベトナム戦争時代を描いた映画「The Greatest Beer Run Ever」を撮影するためにバンコクを訪れて以来、タイの観光大使のようになったかのように、SNS界を賑わせています。

バンコクのマンダリンオリエンタルホテルでの会議には、駐タイ・オーストラリア大使のアランマッキノン氏も出席しました。

政府のスポークスマンのタナコーン氏は日曜日に、プラユット首相はイッティポン文化相に地元の観光名所とプーケットサンドボックス計画を宣伝してくれたラッセル・クロウ氏に感謝の気持ちを伝えてほしいと言ったと述べました。
イッティポン文化相は、感謝の気持ちを込めて花とギフトを送りました。

ラッセル・クロウ氏は、贈り物を感謝し、タイの人々の温かさと大自然に対し、非常に感銘を受けたと述べ、タイ料理とタイの自然の美しさを愛していると付け加えました。
彼はまた、タイの映画クルーのプロ意識とスキルに賞賛を表明しました。

ラッセル・クロウ氏は、タイは特に外国人観光客に人気のある場所なので、標識などにより多くの英語表記を併記すべきだと言いました。

ザック・エフロン主演の「The Greatest Beer Run Ever」は、オスカーを受賞した映画製作者のピーター・ファレリーが監督を務めます。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP