• 土. 11月 27th, 2021

11月からの隔離検疫不要者の条件についての概要。※決定ではありません。

Byサイト運営

10月 23, 2021

タイ政府は10月22日金曜日、46カ国からの来訪者が11月から検疫なしで入国可能な対象者の条件を概説しました。
これは最近タイを離れてそれらの国に行った人々にも適用されます。

※ただし変更の可能性がまだまだあります。決定ではありません。

低リスク国の指定されている46カ国はこちらをご参照下さい。

「隔離検疫不要の低リスク指定国」の検討リスト中に、日本の名が!

〇これらの国からの訪問者は2回のワクチン接種を受け、出発前に少なくとも21日間その指定国に滞在している必要があります。

〇タイへの飛行の少なくとも14日前に、2回目のCovid-19ワクチン接種を受けていなければなりません。

〇飛行の72時間以内にCovid-19に対してのRT-PCR陰性証明書を持っている必要があります。

〇少なくとも5万米ドルの一般健康保険に加入している必要があります。

〇到着時に、訪問者は別のRT-PCR検査を受け、テストが陰性だった場合は検疫なしで移動できます。
結果が出るまで、指定されたホテルの1つに1泊する必要があります。

〇旅行者は、自身の所在を追跡するアプリケーションソフトウェアをダウンロードしなければなりません。

以前にタイを離れて46か国のいずれかを訪問した人が、滞在日数が21日未満だった人々は検疫されず、50,000ドルの健康保険に加入する必要はない、とアピサマイ博士は述べています。

これらの検疫禁止措置は、スワンナプーム、ドンムアン、チェンマイ、プーケット、サムイ、ウタパオ、ブリラムの各空港へのチャーター便による到着時に適用されます。
他の種類のフライトで到着する場合は、プーケット、サムイ島、パンガー島、クラビなどの「サンドボックス」プログラムに参加する必要があります。

彼らは完全にワクチン接種され、少なくとも50,000ドルの健康保険に加入し、サンドボックスエリアの標準的なホテルで7日間宿泊施設を予約する必要があります。
また、RT-PCR検査もフライトの72時間以内の陰性証明書が必要になります。

これらの訪問者は、到着時にCovid-19について再検査され、その後6日目または7日目に、サンドボックスゾーンを離れる前に再検査が行われます。
到着時に最初の検査が陰性を示した場合、訪問者はサンドボックスエリア内を自由に移動できます。

ワクチン接種を受けていない、1回の服用のみ、フライトの14日以内に2回目のジャブを行った、または指定された46か国以外から到着した人は、これまで同様、隔離検疫を受けることになります。

アピサマイ博士は、Covid-19の状況に応じて、対策が変更される可能性があると念を押していました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP