• 月. 10月 18th, 2021

14日の会議に注目!夜間外出時間の短縮や規制緩和はあるのか? 予想される内容がこちら。

Byサイト運営

10月 14, 2021

10月14日のプラユット首相が議長を務めるCovid-19状況管理センター(CCSA)の会議内で、いくつかの規制緩和と方針が定められると言われています。

地元メディアが伝える内容では、ダークレッドゾーンの都県を29から24に調整し、夜間外出禁止令を23時~翌午前3時までとする意向だと言われています。
(現時点では決定ではありません)

適用の期間は2021年10月16日から31日まで、ダークレッドゾーン指定の都県で実施されます。

展示場、コンベンションホール、イベント会場、またはショッピングモールやホテルの同様の場所での会議や集会の開催など一部の制限された活動は、限られた数の参加者で運営が可能になります。

議論される他の内容としては、11月から外国人観光客を受け入れる際の低リスク国の選定、12月1日までに風俗産業やバーの再開を検討する件についても議論される可能性があります。

会議は、明日10月14日、政府庁舎でプラユット首相が主催し、議長を務めます。 TPNメディアは、

ここで述べた全ては、まだ決定事項ではありませんのでご注意ください。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP