• 月. 10月 18th, 2021

11月からの観光客受け入れは10か国が対象に。12月までにアルコールの販売、風俗産業の復活についてプラユット首相が言及。

Byサイト運営

10月 12, 2021

10月11日月曜日プラユット首相は、11月1日から少なくとも10カ国の外国人観光客に国の開放する計画を推進すると述べました。

プラユット首相は全国放送で、少なくとも10の低リスク国からの2回のワクチン接種された観光客は、隔離検疫の必要なしに空路でタイに入国することが許可されるだろうと語りました。
その10か国の中に、英国、シンガポール、ドイツ、中国、米国が名を連ねていると漏らしています。

さらに12月1日、1月1日と段階的に多くの国の人々に門戸を開放していくだろうと述べました。

このグループに指定されていない国からの観光客も入国は許可されますが、隔離検疫が必要になると彼は付け加えました。

政府は以前、11月1日にバンコクを始めとする5都県(チョンブリー、ペチャブリー、プラチュワップキーリーカーン、チェンマイ)のみを対象とすると言っていましたが、月曜日の発表では、国のすべてのエリアをカバーするような発言であったと言います。(決定ではありません)

タイのほとんどの地域で状況は改善しつつありますが、(とは言え連日1万人以上新規感染者が出ています)ナラティワート、パッタニー、ソンクラー、ヤラーでは新たな感染者の急増が続いています。

新型コロナ禍以前、タイの観光業は経済を牽引する主要セクターの一つでした。
国内外の合算ですが、観光業が占める割合は国内総生産の約20%もありました。
以前は、特に中国人からの約4千万人の旅行者を迎えていたので、外国人観光客だけからの収入はGDPの約15%を占めていました。

 

さらに首相は、人々が新年を祝うことを計画しているので、政府は観光と娯楽部門を促進するために12月1日までにレストランと他の場所でアルコールを販売ことを許可するだろうと言いました。
「12月1日までに、レストランでのアルコール飲料の消費を許可し、適切な健康上の予防措置の下で娯楽施設の運営を許可して、観光およびレジャー部門、特に新年の活性化を支援することを検討します」と述べています。

娯楽施設とは、イコール風俗産業の復活を示していると思いますが、先ずは学校が始められる環境を作るべきではないでしょうか。
発言がいつもお金や利権にまつわるものばかりで、国民のことを本当に考えているのでしょうか。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP