• 月. 10月 18th, 2021

タイ王立灌漑局、首都バンコクは洪水にならないと断言。

Byサイト運営

9月 28, 2021

タイ王立灌漑局は、首都バンコクに大雨でも降らない限り、バンコクの街がチャオプラヤー川からの水で浸水しないことを保証しています。

チャオプラヤー川流域の水管理を担当する灌漑局の責任者であるクリサダ氏は9月27日月曜日、チャイナット県ハットアルサ地区とポーナンカム地区の川沿いにあるいくつかのコミュニティが、チャオプラヤーダムからの排出された水量が増加したため、川の氾濫による被害が出ています。

スコータイ県から流れる大量の余剰水はダムの上流に残っていますが、バンコクの洪水を防ぐために、下流の流量は毎秒2,800立方メートルまでは増加させません。

北部のピサヌロークでは、灌漑当局がスコータイからトゥンバンラカム貯水池に水を迂回させるために忙しく働いています。
現在、2億5800万立方メートルの水が溜まっていますが、さらに1億4000万立方メートルを貯蔵するのに十分なスペースがあります。

これにより、下流のナコンサワンに水が流れ、さらにチャオプラヤー川を下ってバンコクに流れる水の量が減少します。

一方、陸軍最高司令官のナローンパン氏は、陸軍のすべての公共災害救援センターとオンライン緊急会議を展開しました。
その間、センターは、全国の洪水地域の洪水被害者を支援するために、より多くの人員と装備を送るように命じられています。

舟橋、土嚢、モーターボートなどの特別な設備は、洪水の多い地域に配備されます。

様々な目的で、洪水の不安を煽るような記事を見かけます。
そのような情報に流されないよう、ご注意ください。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP