• 水. 9月 29th, 2021

【東京オリンピック】ボクシング女子ライト級スダーポーン選手準決勝進出!銅メダル以上濃厚

Byサイト運営

8月 4, 2021

タイ、2個目のメダル獲得濃厚です。

2021年8月3日火曜日、国技館アリーナで行われたボクシング女子ライト級(57~60kg)準々決勝でスダーポーン・シーソーンディー選手は、、2018年のユースオリンピックの金メダリストであるイギリスのキャロライン・デュボアを3ー2で下し、タイの女性ボクサーで初のオリンピックメダリストが決定づきました。

タイのボクシングチームの最後の望みはファンを失望させず、最初の2試合で1-1で引き分けた後、第3ラウンドで新進気鋭の英国選手を打ち負かすために戦略的に提供されたパンチとジャブを生み出し、準決勝進出となりました。

タイからの女子ボクシングの最初のオリンピックメダリストとして歴史を残した29歳のスダーポーン選手には、少なくとも銅メダルが保証されています。

「審判が(勝者として)私の手を挙げたのは、私の人生で最も幸せな瞬間でした」と、ウドンタニーを拠点とするファイターは言います。
「私は彼女のクリップを3、4回見て、彼女がサウスポーであるため、ベゾンマニコン(チームタイの女性ウェルター級)とスパーリングセッションを行いました。ついにタイのファンのみなさんのためにメダルに手が届きました」と2018年の世界選手権の銀メダリストは付け加えます。

スダーポーン選手は、7年前に亡くなった故父ヨドナコーンさんが、彼女と一緒にその瞬間を祝ってくれていることを望んでいました。
「勝利後、私は家族、特に父のことを考えていました。父は私にボクシングを教えてくれた人でした。父こそが私がここにいる理由でした。私が成功したことを父に知ってもらいたい。父に私を誇りに思ってもらいたい」

タイのファイターは、準々決勝でアルジェリアのイマネ・ヘリフ選手を5ー0で下したアイルランドのトップシードで古いライバルのケリー・ハリントン選手との、これまでの東京での最も厳しい戦いに臨みます。
かつて、スダポーン選手は
、ニューデリーで開催された2018年の世界選手権決勝でケリー・ハリントン選手に2-3で敗れています。

「遠くまで行って金メダルを獲得できるかどうかはわかりません。1試合ずつ丁寧に戦います」と語ったスダポーンは、2018年の世界チャンピオンと2019年のヨーロッパ競技大会の銀メダリストとの準決勝が8月5日木曜日午後12時に予定されています。

先週、パニパック・ウォンパッタナキットさんが女性のテコンドー49kgで金メダルを獲得した後、スダポーンは銅メダルを獲得し、東京オリンピック2020でタイの2番目のメダルを獲得しました。
彼女は少なくとも480万バーツ(約1700万円)を受け取ることになります。
これは、銅メダル獲得の際に国技開発基金によって約束されたインセンティブです。

スダーポーン選手はまた、タイのボクシング界が2016年のリオオリンピックを手ぶらで終えて以来、タイボクシング協会の誇りを取り戻しました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP