• 水. 9月 29th, 2021

「建てれば儲かる」の時代はとうに終焉。バンスー中央駅前の商業スペース、入札者ゼロ!

Byサイト運営

7月 27, 2021

開発大手もこれ以上新たなプロジェクトは見送りの方針なのかもしれません。

タイ国有鉄道(SRT)は、入札する民間企業がいなかったため、バンスー中央駅の32ライの土地の商業スペース開発を棚上げすることにしました。

7月26日、SRTのニルット・マニーパン代表は、過去2回の入札で申し出る民間企業がなかったため、取締役会は117億バーツ(約410億円)のプロジェクトを中断したと語りました。
ニルット氏は、現時点で開発の青写真を再検討する必要があるかもしれないと述べています。

一方、ニルット氏は、レッドライン運賃に関する決定も延期したと述べた。
これまで提案された運賃は12-42バーツの間でした。

運賃体系は、SRTが11月に正式オープンとなるまでにまだ時間が残っているので、それまでに見直しが必要だとニルット氏は語ります。

8月2日には、プラユット首相が開会式の議長を務める試運転(プレオープン)が開始される予定となっています。

新型コロナ禍以前から、大型の商業施設の建設ラッシュが需要を大幅に乗り越えてしまった感があり、人気商業施設とそうでないところで人の入りに大きな差が出ていました。
コンドミニアム市場はそうですが、既にコロナ禍以前より「建てれば儲かる」時代は終わっていたのです。
これからは身の丈にあったプロジェクトを、きちんとした市場調査して立案しないと成功しないと思います。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP