• 水. 10月 27th, 2021

バンコク首都圏を含む13都市で更なる規制強化始まる。デパート内は生活必需品を除いて閉鎖に

Byサイト運営

7月 20, 2021

これはいつまで続くのでしょうか。

タイ政府は8月2日まで、バンコク首都圏と南部の4つの県における夜間外出禁止令およびその他の厳しい制限を延長すると発表しました。
制限は1週間後に評価され、新型コロナの状況が悪化し続ける場合、封鎖措置は8月2日以降も延長またはさらに厳しい措置が実施される可能性があります。

政府官報に掲載された内容によると、7月20日からチョンブリー、チャチュンサーオ、アユタヤーでも同様の措置が課され、いわゆる「ダークレッドゾーン」の都県は13カ所になります 。

制限には、スーパーマーケット、薬局、医薬品や電子通信機器を販売する小売業者など、生活必需品と見なされる小売業者を除いて、ショッピングモール内のすべての店舗の閉鎖となります。

レストラン、生鮮市場、コンビニエンスストアは、20時から午前4時まで閉店する必要がありますが、店内飲食の禁止はこれまで同様となります。
21時から午前4時まで公共交通機関はご利用になれません。

この命令により、国全体に適用される新しい輸送制限が追加されました。
7月21日水曜日から、全国のすべての公共交通機関は乗客を定員の半分に制限する必要があります。

タイ民間航空局(CAAT)は、13の「ダークレッド」ゾーンを目的地とする国内線への商用便の禁止を発表しました。
これは7月21日から追って通知があるまで有効となります。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP