• 日. 7月 25th, 2021

「デモに参加した従業員を即解雇」のツィートにフードパンダ炎上!ボイコット運動に発展中。

Byサイト運営

7月 19, 2021

在宅勤務などでお世話になっている人も多いのではないでしょうか。
タイで2番目に大きい食品配送会社「フードパンダ」が炎上中です。

ツィッターユーザーは、7月18日日曜日に#July18mobハッシュタグをつけて、「フードパンダ」のキャリーをつけたオートバイの男性と女性の写真をツイートしました。
この日はラチャダムヌーン民主記念塔周辺で反政府デモが行われていて、何人かの抗議者が王室の肖像画を燃やそうとしていました。
彼らはそのグループの
中の一味でした。

フードパンダの公式アカウントはツイートで反応し、同社はライダーの格好をした男性が本当に従業員なのか、それとも他の誰かなのかを調査していると述べました。
「彼らが我々の従業員だった場合、私たちは直ちに雇用を終了することによって対策を取ります。 フードパンダは、暴力やあらゆる形態のテロに対するポリシーを持っており、当局が犯罪者に対して法的措置を取るのを喜んで支援します」と同社はコメントしました。

しかし、その時までに不満はすでに広がっていました。
この対応に、#banfoodpandaがツィッター内で広く共有されました。

フードパンダは、後に新しいツイートで謝罪し、調査は進行中であり、追ってより多くの情報を広告すると述べるにとどまりました。

しかしこの反応は怒りを静めるのにほとんど効果がありませんでした。
プラットフォームのパートナーであった取引店は、アプリでサービスを一時停止したと発表しました。

日曜日の反政府デモでは、警察が抗議者の政府庁舎への接近を阻止しようとしたため、抗議者にゴム弾、放水、催涙ガスを浴びせていました。

社会的制裁に加わったのは、顧客と食料品店だけではありませんでした。
フードパンダライダーは、3本指の敬礼をしている自分の写真を投稿し次のように書いています。
「私はフードパンダのライダーとして働くのは好きですが、人々をテロリストと見なす会社は嫌いです。この会社の無知と利己心のために職を失ったら、喜んで受け入れます。」

ソーシャルメディアでは、フードパンダをボイコットするための詳細な説明を投稿しています。
最善の方法は、アプリをアンインストールする前にまずアカウントを削除することだと彼らは言います。

19日月曜日の午後、同社はすべての関係者に謝罪する声明を発表し、コメントはチームメンバーが同意なしに投稿したものであり、調査は進行中であると主張しました。
「フードパンダは言論の自由を保証し、表現はテロではなく、この事件のためにライダーが解雇されることはありません」と声明を発表しました。

フードパンダタイは、東南アジアで2番目に大きな食品配送市場であり、総商品価値は28億ドルで、インドネシアの37億ドルに次いでいます。
月のコンサルタント会社Momentum Worksによると、タイ市場はGrab(50%)が圧倒的シェアを持ち、Foodpanda(23%)とLine Man(20%)がそれに続きます。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP