• 日. 7月 25th, 2021

部分的ロックダウンの決定により、長距離バスの運行が大幅減。

Byサイト運営

7月 10, 2021

タイの国営運輸会社は、COVID-19状況管理センター(CCSA)が、9日の県間旅行を制限するという決定に沿って、10日土曜日23時から7月25日まで、すべての南部への路線バスの運行を停止しました。
北部、東部、北東部のバス路線の運行は継続されるが、運行は1日あたりわずか13路線に縮小されるとのことです。

まだサービスが提供されているルートは次のとおりです。

①バンコク~クロンラーン(カムペーンペット)、バンコク~ロムサック(ペッチャブーン)、バンコク~ウタラディット。各ルートで1日1回の往復のみ。

②北東部および東ブの10のルート、各1回の往復のみ

③バンコクとサラブリーの毎日5回の往復。

7月10日から25日までの旅行で事前にチケットを予約した乗客は、出発予定時刻の少なくとも3時間前に、会社のチケットブースでチケットを返却して全額払い戻し、または延期手続きを受けることができます。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP