• 日. 7月 25th, 2021

アストラゼネカ社製ワクチン接種後、64歳のタイ人男性が死亡。

Byサイト運営

7月 4, 2021

アストラゼネカのワクチン接種を受けた翌日、腎臓病を患っていた64歳の男性が亡くなりました。
男性の娘さんは、彼の死は予防接種に関連しているのではないかと疑っています。

7月4日、娘のワンタニーさんから、男性が突然死したことを警察に通報した後、ウドンターニー県の警察、保健当局、救助隊員の合同チームは、アクラデート・トーンカムさんの家に駆けつけました。

ワンタニーさんは警察に、土曜日に昼食を終えた後、アクラデートさんが突然呼吸困難を発症し失神したと証言しています。
その後、犠牲者に心肺蘇生法(CPR)を試みたが、役に立たなかったと付け加えました。

彼女はまた、彼女の父親が金曜日にアストラゼネカワクチンを接種したこと、そして定期的に人口透析を行っていたことを警察と保健当局に話しました。

犠牲者の遺体は、検死のために県内のスリナハリンド病院に送られました。

保健当局は、被害者の家族は、被害者の死亡から2年以内に国家保健安全保障局に補償を請求する権利があると述べています。

アストラゼネカに限らず、ワクチン接種後は、割と大きな発熱を伴うことはかなり多くの人が体験しています。
症状がひどいを死に至るケースもあるだろうというは、みなさんうすうすそう思っているのではないでしょうか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP