• 月. 6月 14th, 2021

タイ王国はなんでも自由というわけではありません。

Byサイト運営

6月 7, 2021

現実のタイ王国は、なんでも自由というわけではありません。
特に言論においては、非常にナーバスな一面を持っています。

バンコクのヤンナワー地区付近の高速道路を通った方はきっと目にしたことがあるでしょう。
その大きな「パレスチナの解放」を呼びかける巨大な看板は、パレスチナの大義を支持するタイのイスラム教徒のグループによって、6月の初旬に建てられました。.

看板には、「パレスチナの旗」と「パレスチナ解放」という文字が掲げられていました。

その後、特別支部の警察を含むタイ当局者が、タイとイスラエルの関係に悪影響を及ぼす可能性があるとして、ビルの所有者に看板を取り外すように求めたと報じられました。

しかしこの要求は拒否されたため、公共事業当局が介入するよう促され、ビルの所有者に対して看板が土曜日までに取り除かれなければ法的措置が取られると厳しい警告が発せられました。.

最新の報告によると、問題の看板は取り除かれ、新しい看板に取り替えられ、レンタルスペースが提供されました。

しかし政治活動家のウィーラ・ソムクワームキット氏は、パレスチナの解放を求める看板は表現の自由であり、タイの法律の範囲内であり、さらに重要なことは「パレスチナ人の人権の表現」であると主張しています。

実際タイで自分を主張していくことは非常に大変なことなのです。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP