秘密のベールに包まれていたサイアム・バイオサイエンス社、いよいよ稼働!

永らく秘密のベールに包まれていたサイアム・バイオサイエンス社がようやく稼働したようです。

6月2日、アストラゼネカ社は声明で、タイ王室所有のサイアム・バイオサイエンス社が製造した180万回分のワクチンの最初のバッチが、来週月曜日(6月7日)に行われる大規模ワクチン接種の開始に間に合うように手配していると述べました。

同社は「数週間以内に」他の東南アジア諸国へのワクチン供給も開始すると述べています。

タイの地元メディアにも一切情報が出回ってこないことから、存在すら危ぶまれていたサイアム・バイオサイエンス社製のワクチンですが、今回は本当のようです。(多少不安)
シノヴァック社製ワクチンがWHOに認可されたとは言え、あまりにも突然すぎてこちらも怪しい気配が満々なので、アストラゼネカ社製ワクチンが選択できるようになることは、消費者には良いことかと思います。

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る