バンコク新型コロナ規制、6月よりマッサージ店など一部緩和へ

5月31日 バンコク都伝染病委員会会議では、市場や刑務所など特定のコミュニティでは依然感染拡大がみられるものの、一部の施設等では安定しているとして規制緩和を検討すると発表がありました。
2021年6月1日以降での緩和を検討している施設は以下の通りです。

①博物館。ただし大規模な集団、グループでの訪問は禁止するなどの制限付き。

②タトゥーやピアスなど皮膚や体の任意の部分の施術施設。もしこの施設で感染が見つかった場合は、14 日間の営業停止となります。

③痩身、美容クリニック、美容室、美容クリニック

④健康施設(スパ、健康のためのマッサージショップ、美容のためのマッサージショップ)、タイ式マッサージ施設(ボディスチーム、ハーブスチーム、スチームとフェイシャルマッサージなどは控える)、フットマッサージ。

⑤公園、植物園、フラワーガーデンは、グループで着席、飲食禁止などの厳格な措置の下で再開。

上記以外の施設は、引き続き(少なくとも2021年6月14日まで)閉鎖となります。

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る