• 土. 6月 19th, 2021

45歳ウクライナ駐タイ大使が突然死。死因は?

Byサイト運営

5月 30, 2021

 

ウクライナ駐タイ大使、H.E.アンドリー・ベシュタ氏は、嘔吐して意識を失った後、今朝、タイ南部サトゥーン県のリペ島で亡くなりました。 

5月30日午前5時30分頃、サトゥーン県リペ島の警察署は、リゾート内での死亡の報告を受けました。
死亡したのは、45歳のH.E.アンドリー・ベシュタ氏、駐タイウクライナ大使でした。

一次検死官の報告では、特に外傷などは発見しませんできませんした。
64年5月29日5月30日まで同じ部屋に滞在していた息子のオスタプ・ベシュタ氏は、16時30分頃Andrii BESHTA氏はトイレに行き嘔吐したあと、意識を失ったと言います。
そして間もなく息を引き取ったと言います。

現在詳しい死因など、バンコク警察病院の法医学研究所で調査中とのことです。

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP