• 月. 6月 14th, 2021

【バンコク】ブラウンライン着工に一歩前進

Byサイト運営

5月 22, 2021

ノンタブリーのケーライからバーンカピ近くのラムサリーまでを繋ぐブラウンラインモノレール計画は、高速道路局と共に、Mass Rapid Transit Authority(MRTA。タイ高速度交通公社)によって承認されました。
MRTA代表パカポン氏は、モノレールの基礎建設のための資金源について話し合ったMRTA理事会後に発表しました。

タイ財務省は、建設のためのローンを含む適切な資金源を見つける責任があると述べています。
ブラウンラインは、タイの高速道路局によって並行して走る高速道路の北部セクションと並行して建設されます。
MRTAは、ブラウンライン計画をそれぞれ財務省と内閣に提出して承認を得ると述べます。

ブラウンラインと高速道路のプロジェクトは、両方のプロジェクトを建設するための工事請負業者を選択するために、10月に入札プロセスを開催する予定です。
両方のプロジェクトに同じ業者が担当すれば、建設費を節約し建設期間を短縮するのに役立つでしょうと述べています。
さらに、両方を同時に建設することは、建設期間中の交通問題を減らし、一般市民への影響を最小限に抑えるのにも役立つだろうとMRTA代表は主張しています。

ブラウンラインは高架線路上にあり、22.1キロメートルにわたる合計20の駅を設置する予定です。

モノレールの費用は約500億バーツ(約1,750億円)、高速道路の費用は250億バーツ(約875億円)と見積もられています。

これはバス路線がほとんどない成長中の住宅地であるプラサート・マヌキッチエリアにおける最初のモノレールになります。

バンコクの鉄道路線すべてが完成するのは、一体いつのことになるのでしょう。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP