• 月. 6月 14th, 2021

バンコクのタクシードライバーに11名の死亡者。過去3週間調べ

Byサイト運営

5月 18, 2021

毎日見知らぬ人を至近距離に仕事をせねばならないタクシードライバーさんは、常に新型コロナウイルスの脅威にされされています。

5月17日、タイ保健省は、バンコクのタクシー運転手が過去3週間で11名も、新型コロナウイルス感染症で死亡したと発表しました。

運転手はウイルス感染の脅威にされされており、さらに乗客に広める危険性のある業種であるため、予防措置は厳格に行うべきだとで同局長は述べています。
高熱、咳、息切れのあるドライバーには、運転をやめすぐに医師の診察を受けるように促しました。

運転手と乗客の両方は、車内で常にマスクを着用しなければなりません。
乗客は、後者後にアルコールで手を洗う必要があります。

ドライバーはまた、ドアノブ、ハンドル、シート、アームレスト、内部の窓など、乗客が触れた車の一部を消毒剤で拭き取る必要があります。

また監督者である企業に対し、タクシーの運転手に乗客のために車内の手指消毒剤を無料で提供するように依頼しました。

タイはまだまだ車社会。
少し遠出をしたい場合は、車の助けが必要な場合が多いのです。
ただ新型コロナ禍以降では、タクシーと言うワードが感染場所として度々上がっているのも確かです。
せめてこちら側でも、感染対策は十分に行って頂く必要がありそうです。
お子さん連れの方はマスクをつけるのも一苦労かと思いますが、感染してしまったら本当に大変なので、小さなお子さんには少し我慢してもらいましょう。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP